雨水利用・地下水利用のシップスレインワールド株式会社

お問い合わせは電話・FAX・メールでも承ります。TEL 042-701-1660 FAX 042-740-0013

会社概要 お問い合わせ サイトマップ

  • 雨水利用
  • 井戸・地下水利用
  • 灌水・水やり
  • 太陽光利用
  • まちづくり
  • その他事業
  • 図面・CAD・リーフレット
  • 導入実績
  • オンラインショップ


 housebana.gif schoolbana.gif koujoubana.gif parkbana.gif

 

>>リフォーム時の設置

リフォーム設備としての雨水タンクの設置

リフォームの機会など既存の家屋に雨水タンクを設置する場合に気をつけること。

タンク設置場所の地盤

タンク基礎

タンクは水が入っていないと軽量のために見落としがちですが、水が入るとかなりの重量になります。タンクを置く場所は地盤の悪い場所は避けて、水平を保てる場所にしましょう。また、雨樋の近くにタンクを置く場所がなくても、雨樋から離れた場所にタンクを設置することもできます。

雨樋の確認

樋の形状・サイズの確認

「雨樋のサイズ」、「雨樋の形(丸・四角)」、「壁との距離」を確認してください。場合によっては雨樋のサイズをアダプター等で変換する必要がでてきます。また雨樋の切断の際に雨樋がズレ落ちることがあります。雨樋が地面に固定されているか確認してください。固定されていない場合は、ズレ止め金具が必要になることがあります。雨樋の確認はこちら

雨樋が担当する屋根面積

広い面積を担当する雨樋を選択

樋がどの屋根から伝わってきているかが重要です。屋根面積の少ないところからしか雨水が伝わってこない樋を選ぶと集められる水量が少なくなってしまいます。また屋根の勾配(傾き)によって雨が流れて来やすい樋とそうでない樋があります。中には全く雨水が流れてきていない樋もありますので注意が必要です。

設置する雨水タンクを選ぶ